もう20年ほど毎日、腕時計の電池交換や修理に携わっているんですが

目新しい構造のものなどと出くわすこともあります。

今日お持ち込みいただいた「SKAGEN」のSKW2355もそうかなぁ。

構造自体はないこともないんだけど

カジュアルブランドのスカーゲンでこのタイプは初めてでした。

 

SKAGENはデンマーク発のブランドで

同名のデンマーク国内の町の名前がその由来です。

人口が8,000人ほどの小さな町の風景にインスパイアされたんでしょうか?

ご存知の方がいたら教えていただきたいなぁ。

 

スカーゲン SKW2355 SKAGEN 電池交換

 

SKW2355

 

SKAGEN SKW2355 スカーゲン

 

 

裏蓋にあるネジを回して取ります。

そしてネジを外したところの穴からオシドリを押して

竜頭を抜きます。

スカーゲン SKAGEN デンマーク 電池交換

 

 

SKAGEN デンマーク スカーゲン MIYOTA 1L45 電池交換

 

ムーブメントは

MIYOTAの1L45が搭載されていました。

バッテリーの寿命の目安は約3年になります。

 

スカーゲン ジョイント 竜頭 電池交換

新しい電池に取り替えて

スムーズに動き始めました。

 

 

 

スカーゲンの電池交換

金額  1,000円

所要時間  10分少々

 

※スカーゲンの腕時計で裏ブタのネジを外し、そこの穴から工具を挿しオシドリを押さえて竜頭を抜くタイプは通常の電池交換より手間もかかり技術もいるため、さらにこのタイプのお持ち込みが増えているため(近隣のお店が断っているそうです。)金額を1,500円に上げる事を検討しています。

 

 

 

その他のスカーゲンの電池交換事例

 

 

 

 

 

株式会社オプトナカムラ

山梨県南都留郡富士河口湖町船津2448